ノンフレーム工法

ノンフレーム工法イメージ

『樹木を保全した斜面安定工法』

樹木伐採、法切を行い、斜面をコンクリート構造物で覆ってしまう・・・
それが、これまでの斜面防災では「常識」でした。しかし今、時代は「ECO」。
環境意識の高まりが、新しい技術を生み出しました。

“樹木を保全した斜面安定工法、ノンフレーム工法。”

樹木伐採や法切を行わず、現況地山のままで施工するという斬新な発想から誕生したこの工法には、従来の技術にはない、様々な特長があります。

特徴

【景観、環境保全】

 ⇒法切や樹木伐採を行わずに施工するので、施工後も元々の景観・環境が維持できます。 また、CO2削減や、生物多様性保全にも貢献します。

【コスト縮減、工期短縮】

 ⇒斜面を改変せずに施工するため、樹木伐採や切土・法面整形、植生工といった工程が不要です。 また、二次製品の支圧板を用いるので、工期短縮・コスト縮減が実現できます。

【厳しい現場条件でも適用可能】

 ⇒切取土砂(残土)や伐採木の搬出作業がなく、小型機械で施工できるので、 搬入路が設置困難な現場でも施工できます。
 ⇒コンクリートに頼らない工法なので、圧送設備等が必要なく、小規模施工ヤードで施工できます。 また、現場との高低差や距離の制約もありません。

【施工時の優れた安全性】

  ⇒従来技術の場合、法切によって地中応力が解放されるなど施工時の斜面安定バランスが乱れることがありますが、本工法は現況斜面のままで施工できるので、施工時にも斜面安定性を乱しません。 しかも二次製品の支圧板を用いるので、急斜面作業が省力化され、作業の安全性向上に繋がります。

【従来工法との比較】

ノンフレーム工法 従来工法との比較ノンフレーム工法 構造

メディアにも取り上げられています!

TBS系列のテレビ番組『夢の扉+』でノンフレーム工法が特集されました。

道内施工実績№1

平成11年度に北海道内初のノンフレーム工法の施工から現在まで、実績№1,今では弊社の重要な事業となっております。